何を我慢しているんだろう?相手に感じるイヤ~な気持ちから探る(無意識の自分がみえるシリーズ①)

相手に対して怒りが湧いてきたり

批判したくなったりするとき、

心の奥にある本音は

とてもシンプルなものです。

 

RYC®認定講師の かなやまなほこ です。

   

 

私たちはいろんな感情を味わっています。

怒りや批判的な感情の声は、本音のようで

まだ、表面的な気持ちだったりします。

 

 

 

奥にある素直な本音は

なかなか気が付かないもの。

 

 

私も

後になってから、じわ~っと感じることがよくあります。

 

 

なんとなくモヤモヤする。

なんだかテンションが下がる。

元気がでない。

 

 

そんな反応を感じながらも

どうして自分自身がそうなっているのか?

分からないこともありますね。

 

 

気付きたい心の本音に出会うためには

どうしたらいいのでしょうか?

 

 

 

 

 

心の本音に出会うプロセス

 

最初に味わった

怒りや批判的な感情が本音ではないとしても、

私たちは、自分の内側から溢れるメッセージを

表面的な感情や、身体の反応からしか

気付くことができません。

 

 

それくらい、

感情って大切なもの。

 

 

ネガティブな感情をつい嫌ってしまいますが

自分にとって必要なことを教えてくれている

サインでもあるのです。

 

  

ネガティブな感情を味わったときがチャンス

 

 

今の自分の在り方や

行動グセ、思考グセが

どこかしっくりこないとき、

嫌な感情として気付かせてくれています。

 

 

何を教えてくれているのでしょうか?

 

 

自分自身の本当の気持ち、

今必要なメッセージを

受け取りたいものですね。

 

 

何か嫌なことがあったとき

相手を責めたり嫌う方向ではなく

自分にとって大切なメッセージを受け取ることができる。

 

 

そんな方法を私は

RYC®を学ぶことで身に着けることができるようになりました。

 

 

大切なパートナーや

大好きな家族に対しても

私たちは嫌な気分を味わうこといっぱいあります。

 

 

相手を嫌うことなんて望んではいない。

 

 

味わっている感情に気付いたら

即座にワークをして

あったかい世界に移動してしまいましょう。(^-^)

 

 

RYC®初級講座で扱うワークを少しご紹介します。

 

  

人間関係において

とても効果的なワークです。

 

 

あなたは最近、誰かに対して

嫌な気分になったことはありませんか?

紙とペンを用意して

読み進めてみてください。 

 

 

糸(意図)の法則

 

これは、振り子の原理をアレンジして創られた

RYC®オリジナルの法則です。

 

 

世の中には、たくさんの人が存在している。

そんな中で出会った、目の前の人は

なんらかの意味があります。

ご縁ですね。

 

 

大切な相手ならそれは納得できますが、

嫌いな相手や、嫌な気分になってしまう相手も

実は、何か大切なことに気付くための

必要な出会いと言えます。

 

 

同じ支点につながり、

同じ長さの糸、同じ重さの振り子は

必ず真ん中で出会うようになっています。

 

 

同じ意図を持った私たちも

まるで振り子のように

誰かと出会っています。

 

  

仲良しさんとなら

ピタッとくっつくようなイメージですが

嫌な気分になる相手とは衝突しているようなイメージです。

 

 

カチン!と

ぶつかり合って、跳ね返ってしまいます。

 

f:id:ryc-method:20170604152018j:plain

(RYC®テキストより抜粋)

 

 

このワークは、

相手に対して嫌な感情を味わったとき

「相手をどう見ているのか?どう見えるのか?」

それを頼りにして

「自分の状態を知る」

法則です。

 

 

人間関係に悩んだとき、この法則を使うことで

自分自身が何を我慢しているのか?

そして、

どのようにすればいいのか?

が見えてきます。

 

 

私を例にして

ワークの説明をしていきたいと思います。

 

 

すっごく楽しみにしていたお出かけ♪

それをAさんがさらっと予定変更してしました。

Aさんにとっては必要なことだったかもしれませんが

私の中に言いようのない寂しさがこみ上げてきました。

 

 

大人な私たちは

相手の気持ちを頭で理解して納得しようとします。

 

起きていることは、仕方ないことだ!

私の想いはわがままだ!

と、なかったことにしようとしがちですが

ワークをするときは

自分のことをめいいっぱい棚に上げて(笑)

子供に戻って素直な気持ちで

相手のことを非難してみると

とても興味深い答えが見えてきます。

 

 

私がAさんに対して抱いた気持ち。

 

・私の気持ちを汲んでくれなかった

・Aさんは自分の気持ちを優先してた

 

 

つまりAさんは

・気持ちを汲めない人

・自分のことを優先する人

・繊細な気持ちを理解できない人

 

というイメージを私は抱いています。 

 

 

これを、

意味はそのままで

良い表現に反転していきます。

 

 

反転する理由は、投影の仕組みが関わっており

RYC®初級講座にて、細かく丁寧に解説しています。

ここでは割愛させていただきますね。

 

 

・気持ちを汲めない人

小さなことにこだわらない

 

・自分のことを優先する人

自分の気持ちを大切にする

 

・繊細な気持ちを理解できない人

楽観的

 

良い意味で言うと・・

こんな感じに表現することができます。

 

 

この変換は、正解があるわけではなく

ワークをするあなた自身が感じた

キーワードがとても大切です。

 

 

慣れないうちはちょっと難しく感じるかもしれませんが

RYC®初級講座で一度体験してみると

日常で上手く活用することができるようになっていきます。

 

  

反転した後は?? 大切なメッセージを見つける

 

 

反転、つまり

良い表現に変えてみた

そのキーワードは、

 

 

自分自身の抑圧していた要素です。

 

 

・小さなことにこだわらない

・自分の気持ちを大切にする

・楽観的

 

 

具体的に言うと、

 

些細なことにこだわり過ぎて

何か行動をするときに時間のかかる私。

 

相手の気持ちを優先し過ぎて

自分の気持ちを疎かにしてしまう、私。

 

ものごとを「まぁいいや」と楽観的に考えることに

苦手意識がある私。

 

 

抑えている私自身の性質が

キーワードの中から見えてきます。

 

 

あははは。( ̄▽ ̄)

 

 

これらは、

何か行動したいときに大きな壁となっていたり

日常の生活の中で

無意識なクセとなっていて

しんどさを感じてしまう元となっている部分です。

 

 

そういえば、

目の前の小さなことが気になって

挑戦できないことあるな~とか。

 

 

思いやりのように見えて

相手の気持ちばかりを気にして

自分の素直な気持ちを伝えるのが苦手だな~とか。

それは、

自分の気持ちを言ってはいけない

という、変な解釈となって

日常的に働いています。

 

 

楽観的に受け流すことが

どこか無責任な自分に思えて

無意識に、何度も思い返したりしていたな~とか。

 

 

 

見えていなかった、見ないフリをしてきた、自分の一部分に

ワークを通して

出会えることができるのです。

 

 

 

自分自身を抑圧していると

しんどさを感じます。

 

 

これを言ったらいけない、

これをしたら嫌われる、

そんな勘違いを無意識に持ったまま

私たちは生きています。

 

 

その勘違いに気付いて

もっと、ありのままの自分を

表現していこうね♪

と、現実は教えてくれているのです。

 

 

自分でも気が付かない

たくさんの我慢を

出会う人へのネガティブな感情が

教えてくれているのですね。

 

 

ワークをすることで

どんどん軽やかになっていく。

 

 

自分らしいあり方で生きるために

潜在意識の仕組みを活用していきましょう♪

 

 

 

以前、右手左手ワークというものをご紹介しました。

起きている現実を

事実と解釈に分けるシンプルなワークですが

こちらも大変、効果的なものです。

参考にしてみてください。

思考がゴチャゴチャしたときは - RYC®メソッド

  

 

RYC®認定講師 かなやまなほこ

http://ameblo.jp/appreciate0728/ 

 

 

 

 

Copyright © 2017 RYCメソッド All rights reserved.