夫が落ち込んで家の中がどんどん暗く・・この状況を潜在意識の仕組みで解明

RYC®認定講師の かなやまなほこ です。

私の夫は、落ち込むとかなり回復に時間がかかります。

初めは、私に対して怒っているのかな?とイライラしてましたが

どうも自分を責めて落ち込んでいるようです。

  

最近、スマホの調子が悪くてそろそろ機種変更をしようと

郵送で手続きできる方法を取りました。(便利ですね)

 

我が家では夫が機械系の設定をしてくれます。

しかし、珍しく夫が手違いで自分の機種を変更してしまいました。

あ・・・ぁ・・・。( ̄▽ ̄)

毎度のことですが、その後の落ち込みようが激しくて

何もやる気が起きない元気のない彼を見ながら

私もなんだか気分が沈んでいきます。

二人きりの家の中がどんどん静かになっていきます・・・。

 

 

これは、いかん!息苦しい!と、

ちょっと自分の無意識を探ってみよう!と思いました。笑

 

この現実から何を見いだせるのでしょうか?

 

 

ここでいつもの、人間関係に役に立つ!

RYC®ワーク「糸(意図)の法則」です。

(RYC®初級講座の中でお伝えしているワークです)

 

 

①私から見た夫の印象

 

・落ち込むと自分責めして暗くなる

・気分が沈むとやる気がなくなる

・なんだかこっちも影響されて疲れる

 

②これらの言葉を意味はそのままで

ポジティブな表現に変えていきます。

(正解はないので自分の感覚を信じてやってみてください)

 

・自分責めする → 反省・改善できる人

・気分が沈むとやる気がなくなる → 自分の状態に素直

・こっちも影響されて疲れる → 放っておけない

 

ここで出てきたキーワードは、

無意識に抑圧していた自分の性質です。

 

私は

改善することをできないと諦めていたり、

自分の状態に素直に受け入れず無理していたり、

放っておけない自分、つまり構われる自分を受け入れていない

ということになります。

 

 

ワークで出てきたキーワードの中で、一番気になったものがありました。

「構われる自分」にOKを出していない!!!

きゃ~~~~。

人との距離感が大切な私にとって

構われることはとてもしんどいことなのです。笑

 

 

実は、他の現実でも

この「構われる」ことがしんどくてたまらなかったのです。

構われるというと良い響きですが

実際の現実では、嫌なこと言われたり、否定されたり、見張られている気がしたりと、

ネガティブな感情がたくさん湧いてきます。

 

それは私自身が

「構われる」私を受け入れてないから

見せられていた現象でもあったのです。

 

 

今回は、夫との関係を通してそれに気づかせてもらいました。

 

 

③無意識に抑圧してきた性質を許していきましょう。

 

もっと人と関わろうね。

人に構われることは愛情表現だよ。

他人との距離感を縮めて行こうよ。

気になったら世話焼いても良いんだよ。

 

こんな自分を出して行こうねと

潜在意識からのメッセージです。

 

 

相手を通して自分の無意識とコミュニケーションをとっています

 

私たちは相手を通して、内なる自分自身とコミュニケーションをとっています。

相手の表面に感じるモヤモヤした感情は

自分自身が無意識に抑えている性質を刺激するので

心地悪かったり、嫌だと感じたりするのです。

 

f:id:ryc-method:20170818224749j:plain

 

 

こんな自分がバレてはいけない、こんな自分で居てはいけない、と

我慢しているのです。

 

 

 

相手が見張っているように感じる現実も

実は、相手なりの愛情表現です。

私はそれをひとつの視点から解釈していて

嫌だ嫌だと感じていたわけです。

今回の体験を通して、違う視点を見つけることができました。

 

 

構われることを受け入れないということは

愛情を受け入れないことにも繋がっています。

無意識に他者からの愛情を拒否しているようなものです。笑

 

 

欲しい欲しいと願いつつ無意識に拒否している状態。

こんなちぐはぐな想いが現実に投影され

あれれ??おかしいな?と

気が付いていくのです。

 

 

この現実とあの現実が繋がってるの?

と、不思議な気持ちになるかもしれせんが

無意識に持っている解釈は、いろんな現実に関係しています。

 

問題や悩みの本質が見えてくると、

現実を観察しワークでひも解くのがとても楽しくなってきますね。

 

  

RYC®認定講師 かなやまなほこ

http://ameblo.jp/appreciate0728/

 

  

ryc-method.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2017 RYCメソッド All rights reserved.