イヤイヤ出勤する夫の姿を通して見える、私の無意識の願望 「引き寄せの法則」

夫が毎日、ブルーな表情で出勤します。

「こんなに我慢して頑張ってるんだよ」「褒めて褒めて」と言っているかのようです。笑

 

RYC®認定講師の かなやまなほこ です。

 

  

そんな彼に私は、

「もっと好きなことを選べばいいのに」「嫌なら変わればいいのに」と感じます。

 

 

パートナーや子供、親などが自分の価値観と違うことをしていると

とてもざわざわして、責めたり、批判したりしたくなるものですね。

毎日、イライラすることがたくさんあるのではないでしょうか。

潜在意識の仕組みで説明すると

相手に見ているモヤモヤした感情は自分自身の無意識に抑えている性質です。

 

 

相手に言いたいことの中には、制限してきた自分が居るので

気が付かないまま、嫌な気分になったり批判したくなったりします。

相手に対してイライラしたりするときは、

抑えている自分の想いが反応しているのです。

 

 

私が夫に対して言いたくなった言葉は、

「もっと好きなことをやればいいのに」でした。

これは私自身の大切な想いなはずですが、

どこかそれを信じ切れない状態です。

 

 

例えば、

やりたいことがあっても、

生活のために違うことに時間を費やして、

本当にやりたいと思っていることを

ほどほどにやる程度にしていたりします。

 

 

それは、「やりたいことをやる」を私自身大切だと思っているけれど、

そんなこと無理かも・・と信じ切れていない自分が残っているのです。

 

 

夫の言動を通して

私は、私の「受け入れきれていない自分」を見ています。

 

 

好きなことをやる♪という願望

 

 

投影の法則で夫を通してみている私自身をみるのも良いのですが

今回は、「願い」にフォーカスして

RYC®的、引き寄せの法則で無意識の自分と出会っていきます。

 

 

A 今の私

やりたいことをやれているようで、実は

ほどほどで諦めている状態。

 

B 叶えたい未来の状態

やりたい!と思ったことをやる

 

A ➡①➡②➡③➡④➡⑤➡ B

 

私たちは願望を叶えるために(A➡B)

無意識に条件を設定しています。(①~⑤)

条件がたくさんあればあるほど叶えるのが難しいと感じます。

 

 

本来、条件などを付ける必要はなく、

願いをイメージしたとき必要な情報が意識に浮かび上がり

そのまま行動していけば叶っていくのが

潜在意識の自動操縦機能です。

 

しかし、なかなか叶わない願望もたくさんあります。

それは、無意識に付けている条件をクリアしなければ願いが叶わないと信じているから。

その条件の中には、

こんな自分ダメだよね・・・と決めつけている

あるがままの自分の性質が隠れています。 

それを見つけていきましょう。

 

 

あるがままの自分を探す

  

 

浮かび上がるやりたいこと、好きなことやれる自分になるためには

どんなことをクリアすれば叶うと信じているか?

(無意識に付けた条件)を書き出していきます。

 

①会社勤めを辞める 

②ダラけず、スケジュール管理する

③やることを実行する意志

④工夫する努力をし続ける

⑤自分の人生に責任を持つ

  

なんとなくこんな言葉が出てきました。

イメージすることをそのまま書いてみてくださいね。

 

 

出てきた条件は何を表しているのか?

 

 

 無意識に付けている条件をクリアできていないから

今、願いが叶っていない状態(A)に居ます。

 

 

条件をクリアできていない自分はどんな自分でしょうか?

 

① 経済的な不安定を受け入れたくない自分 

② 楽な方に流されやすいサボり症な自分 

③ 意志が弱い自分 

④ 工夫する努力をしない自分 

⑤ 誰か決めて~という依存している自分

  

サボり症で、楽なほうを選ぶ、意志が弱い自分。笑

依存して安心したい自分。 

ダメダメな自分が暴かれてきます。( ̄▽ ̄)

  

私、わりとテキトーなんです、意志が弱いんです。

依存を全くしていない人間なんていないはずですが、

依存する自分を否定しています。

  

という無意識に否定していた自分の性質が見えてくるのです。

 

 

この性質を受け入れたいための願い

 

 

顕在化している願いには

潜在化している願いが奥に隠れています。

 

 

なかなか叶えられない願いを設定することで

私たちは無意識に抑圧している自分自身を

受け入れて統合していきたいのです。

 

 

願いがダミーであるというセリフを

聞いたことがあるかもしれません。

顕在化した願いが本来の目的ではなく

潜在化している性質を受け入れることが本当の願いなのです。

 

 

私は、夫のブルーな表情から

自分の抑圧している性質に気付きました。

 

 

テキトーではいけない!!と

自分を叱咤激励しながら行動していても

潜在的なパワーは出てきません。

 

 

あるがままの自分で良いから

やりたいことをやっていこう♡と受け入れたとき

今、目の前にある「やりたいこと」に集中できるようになるのです。

 

 

あれ?

今すぐやりたいことってやれるんだ。笑

 

 

あっという間に、

今の状態Aと願いBが重なり合いました。

 

 

引き寄せの法則とは

このようなプロセスで叶っています。

 

 

難しいことではなく、

信じていることが変われば自然に

現実も変わります。

 

f:id:ryc-method:20170823095623j:plain

 

 

 

相手の言動に対してイライラしたときは

あなたがあなたの才能を開花させるときでもあります。

相手に対して反発しているエネルギーを

くるっと向きを変えて

意識を自分の内側に向けていきましょう。

 

 

その方がずっとずっと

楽しい人生になっていきますよ。

 

 

 

ryc-method.hatenadiary.jp

 

 

RYC®認定講師 かなやまなほこ

http://ameblo.jp/appreciate0728/

Copyright © 2017 RYCメソッド All rights reserved.