夫にいちいち言葉を正されて、イラっとした私がとった行動!

我が家は山の中にあり、自然がいっぱいです。

松の葉にオメガ3が入っているとかで、飲食できる栄養価の高いものだと知り

今、夫が実験中です。

RYC®認定講師の かなやまなほこ です。

 

 

「乾燥してお茶にできたら一番イイネ!!」とお茶好きな私が言うと

夫が

「ん~、それが一番かどうか分からないよね、それを決めるのは相手だからね」と言いました。

( ̄▽ ̄)ち~ん。

 

私の心の声

(一番って、そんな本気で言ってないしっ)

(そんなん知ってるわい!)

(全くもう!いちいち細かい)

(他愛もない話をなんでもかんでも正しさで判断しないでよね)

と、キィーー!(>_<)となりました。笑

 

 

思わず、近くにあった紙でワークをやっていました。

RYC®の糸(意図)の法則です。

みなさん、イラっとした瞬間にワークですよ♪

 

 

意図の法則は、振り子の原理をアレンジして創られたRYC®オリジナルワークです。

同じ意図をもった私たちは、まるで振り子のように誰かと出会っています。

このワークは、相手に対して嫌な感情を味わったとき

「相手をどう見ているのか?」それを頼りに

「自分の状態」を知るワークです。

 

人間関係を通して

自分の無意識に抑圧している性質を見つけていきます。

 

f:id:ryc-method:20170604152018j:plain

 

相手を通して

自分が無意識に我慢していることや無理していることなどに

気付かされそうになりモヤモヤしています。

その性質がバレたら、叱られそう、嫌われそうと思い込んでいるので

出さないようにしている要素です。

 

 

ワークをしていきましょう

 

 

①夫に対して感じたネガティブな感情を書き出す

 

大したことじゃないのに、いちいち細かいことを訂正する

人は違うと指摘してくる

 

 

これは私の無意識に抑圧している性質を夫を通してみています。

 

このままでは自分の性質だと受け入れられないので

受け入れやすくするために

言葉の意味をそのままで良い表現に変えていきましょう。

 

②言葉の表現をポジティブに変える

 

いちいち細かい訂正する

➡正しい表現をする

 

人は違うと指摘してくる

➡自分本位でなく相手を思いやる

 

 

つまり、

正しい表現で相手を思いやる

と出てきました。

 

 

最近の私はどこかバランスが偏り

正解かどうかで行動することに悪いイメージを抱き

「正しい」ということ全てに対して過度に反応していたなと気付きました。

 

 

「正しさ」とは、何かを否定することではなく

正確さ、良い情報、という面もあります。

それも同時に悪いことと無意識に思い込んでいたのです。

 

③この現実から何を気付いたのでしょう 

 

もっともっと正確な情報を発信しようね♪

あやふやなことでなく、正しいことを伝えていくのが思いやりだよね♪

と、この現実はシンプルなことを教えてくれていたのです。

これらは、目の前の現実を通して

私の潜在意識が気付かせてくれた大切なことです。

 

 

すぐワークに取り組んだおかげで

自分のバランスが偏っていたことに気が付きました。

おかげで、機嫌を悪くすることなく

また楽しい会話に戻ることができました。

 

f:id:ryc-method:20170827215106j:plain

 

RYC®のワークは

家族が円満に過ごせるようになりますね。(≧∇≦)

 

 

イラっとしたらすぐにワークに取り組んでみましょう♡

慣れてくれば、投影の仕組みが身に付いて

現実に振り回されなくなっていきますよ。

 

 

 

ryc-method.hatenadiary.jp

 

RYC®認定講師 かなやまなほこ

http://ameblo.jp/appreciate0728/

 

Copyright © 2017 RYCメソッド All rights reserved.