大人だって拗ねるんだ! 拗ねは潜在的になにを教えてくれているんだろう?

投影の法則は、嫌いな相手に対してだけ起こるわけではありません。

尊敬している人、大好きな人に対しても

私たちは、たくさんのことを相手に投影しています。

 

誰かが褒められたり信頼されていたりすると

すごいな~と思う反面、

どこか寂しさを感じていたり、独りぼっちになったような気がしたり、

どんどん周りから離れていくような感覚を抱いたことが

誰にでもあるでしょう。

 

RYC®認定講師の かなやまなほこ です。

 

これは拗ねている状態です。

 

拗ねは、抑圧している性質が隠れている

 

拗ねているときって結構、無自覚なことが多く

後になってやっと気が付いたりします。

「あの人は本当にすごいのよ!」という言葉を聞いて

ふ~ん・・・、あ、そう。

と思ったときは大抵、拗ねてますね。笑

 

私も簡単に拗ねています。

 

拗ねることって良くないことだと信じて

気付かないようにしたり、周りに見せないようにしますが

「拗ね」は幼稚でわがままなことではなく

無意識に抑圧している自分自身が隠れています。

 

 

絶大な信頼を得ているAさん。

Aさんを見て、私は思います。

信頼されてるんだな、重要な人なんだな、と。

 

そう思ったときは同時にこんなことを信じています。

 

私は重要じゃないんだな、あまり信頼されてないんだな・・。

自分に対して無意識に否定をしているのです。

 

 

どんな自分を抑圧しているのでしょうか?

 

 

出来る自分。

重要な存在である自分。

信頼されている自分。

という性質を「ない」ものとしています。

 

 

これらの性質を抑圧しているということは

そんな自分なわけない!と信じ込んでいるということです。

 

誰かにとって、私は重要な存在ではない・・・と。

 

 

出来る自分なわけないし・・

重要な存在じゃないし・・

信頼なんてされるはずないし・・

と、信じて

出来る自分

重要な存在である自分

信頼される自分を

表に出さないように抑圧しています。

 

 

うっかり、そんな自分を信じて表に出してしまったら、

 

出来る自分

目立って打たれるかもしれない

重要な存在である自分

な~んだ、たいしたことないね、と言われるかもしれない

信頼される自分

頼りにされなくてガッカリしてしまうかもしれない

 

という恐れと繋がっていて

無意識に抑えようとしています。

 

隠れている本当の想い

 

 

コア(中心・真心)の自分は、

もっと出来る自分を発揮したくて

唯一の存在であると確信したくて

頼りにされて一所懸命頑張りたい

と思っています。

 

 

拗ねは、たくさんの本音を教えてくれます。

大人になったら、子供のように素直に拗ねることって

恥ずかしくてできないですね。

でもね、

誰でも素直に感情を感じて良いのです。

悲しいとか、寂しいとか、良いなぁ~とか

自分の気持ちをそのまま感じて大切にしてください。

 

 

f:id:ryc-method:20170831223010j:plain

 

 

拗ねた気持ちの奥には

とてつもない情熱が隠れています。

もっともっと自分を生きたい!

 

 

拗ねを自分の中で隠さずに

奥にある情熱に気付いてあげましょう。

 

 

 

RYC®認定講師 かなやまなほこ

http://ameblo.jp/appreciate0728/

 

ryc-method.hatenadiary.jp

 

 

ryc-method.hatenadiary.jp

 

 

 

Copyright © 2017 RYCメソッド All rights reserved.