無意識からの声に耳を傾けてみよう

RYC®認定講師の かなやまなほこ です。

 

最近、ガマンしたことはなんでしょうか?

 

私たちは、未来のために今無理して頑張ったり、

たくさんの人たちのために、自分の気持ちを抑えたり、

仕事だからと、嫌なことをやって辛くなったり、

他の人はもっと大変だからと言わなかったり、

することがあります。

 

 

 

 

みんなが円満に過ごすためにはガマンが必要?

 

 

周りに対してイライラするのは

たくさんのガマンを自分にさせているときに起こります。

 

 

周りが悪いからイライラするのではなく

周りがダメだからイライラするのではなく

 

無意識に自分が自分自身にガマンさせているからです。

 

 

自分がガマンしていることで

円満になるどころか

周りに対してネガティブな感情を抱くようになります。

 

 

 

自分がガマンしているものと同じ性質を他人の中に見つけると

途端に、モヤモヤ・イライラしてきます。

 

 

〇 こんなことしてはいけない。

〇 こんな自分を出してはいけない。

〇 そんな怖いコトやったらひどいことになる。

というような

 

出さないように、見せないように、ばれないように、

そうならないようにしてきた

抑圧した自分の性質を他人の中に見つけると

自分の無意識が反応し、ざわざわしたりイライラしたりして

 

相手のせいだと思い込み

相手を攻撃したり、嫌いになることで

自分から遠ざけようとしています。

 

 

嫌な相手を遠ざけることで無意識に気が付かないようにしている

 

 

抑圧した自分自身の性質を

受け入れることは

潜在的に「キケン」だと認識しているので

身体に反応が起こるのです。

 

 

相手が嫌いだから

身体に嫌な反応が起きるではなく

 

 

ガマンしていた自分自身の性質に気付きそうだから

潜在的に反応しているだけなのです。

 

 

嫌いだと感じる相手をどうにかすることが

問題解決になるのではなく

 

何を自分が勝手にガマンして諦めているのか?

ガマンすることで出さないようにしているありのままの姿はなんだろう?

 

と、内なる自分自身の解放に意識を向けてみることが

結果的に、問題を解消していくことにつながります。

 

f:id:ryc-method:20171030175440j:plain

 

 

と、書きながら

嫌な上司のことを思い出しました。笑

 

 

無意識からの声を見つけましょう

 

 

嫌いなものは嫌いなんだ!

あいつが変われは環境が心地よくなるんだ!

と、私も当たり前に感じます。笑

 

 

人間なので感情は当たり前に起きます。

自然に溢れる感情に良いも悪いもありません。

 

 

溢れてきた感情は抑える必要はなく、

あ~そう感じてるんだね私♪

と、そのままにすればいいのです。

 

 

それとは別に、

潜在意識の仕組みとして

抑圧している自分の性質にフォーカスしていくこと。

それが大切なのです。

 

 

嫌な上司は、

・ズケズケものを言う。

・独りよがりな意見を言う。

・人をすぐ責める。

 

そんな嫌なやつですが。

ここに私の抑圧している要素が隠れています。

 

 

投影とはいえ、

嫌いなあいつはそのままの状態では受け入れたくないものです。

なので、ニュアンスを変えて

良いものに変えて統合していきましょう♡

 

 

「ズケズケ言う」は、言い換えれば、

思ったことを言える素直な人。

 

 

「独りよがりな意見を言う」は、言い換えれば、

自分の意見に自信があるということ。

 

 

「すぐ責める」は、言い換えれば、

良い悪いという判断の軸がはっきりしていて

正義感の強い人。

 

 

とも、言えます。

なかなか嫌いな相手の性質を

良い表現に変えることは

無意識に抵抗するので難しいかもしれません。

 

私も、自分のこととなると

変換するのに

ちょっと言葉が出てこないこともあります。笑

 

 

なので、他人事のような感覚で

言葉遊びをしてみてくださいね。

 

 

無意識に抑圧していることに気付くと見えてくるもの

 

 

私が無意識に抑圧していることは

 

 

・素直に気持ちを伝えること

(つい、言わない選択をしがちです)

 

・自分の意見に自信を持つこと

(いろんな意見があるものね~と思ってしまいます)

 

・正義感を出してジャッジすること

(正義って立場によって変わるしね~と思ってしまいます)

 

 

これらを抑圧していると

他人のはっきりとした態度に対して

なにかしら違和感を抱いたり

嫌悪感を抱いたりするのです。

 

 

ジャッジしないのは良いことだけれど、

どっちでも良くなりすぎると

自分の意見がぶれてしまいますね。

 

 

今の私にとっては

 

「私はこうしたい!」という情熱を

はっきりと認識する必要があるタイミングだということです。

 

 

私たちはこれから

創造の世界へ進んでいきます。

 

 

自分が世界を創り出していることを認めることで

自分が自分の生き方を選ぶことができます。

どんな人生を歩もうかな?と、新たに創ることができるのです。

 

 

結果や現状などに囚われて諦めてしまっている生活から、

自分には本当は無限の可能性があるのだ!と

気付いていく過程に居るのかなと思うのです。

 

 

潜在意識の仕組みを学ぶことで

無意識に制限していた自分自身に気が付いていきます。

 

 

 

嫌な相手を通して、私たちの潜在意識は

そんな壮大なことを

気付かせてくれているのですね。

 

 

 

私はどうしたいのかな?

これからどんな生活をしていきたいのかな?

どんな人生を創っていきたいのかな?

 

そんなことを

ここ最近よく考えています。

 

 

なりたい未来を

もっともっと自由に思い描いて良いよ、と

言ってもらっているかのようです。

 

 

f:id:ryc-method:20171030175617j:plain

 

無意識からの声に耳を傾けてみよう♡

 

とてつもなく優しい世界を見せてくれることでしょう。

 

 

 

ryc-method.hatenadiary.jp

 

 

RYC®認定講師 かなやまなほこ

http://ameblo.jp/appreciate0728/

 

 

Copyright © 2017 RYCメソッド All rights reserved.