RYCメソッド解剖学! 迷っていると思い込んでいただけだった

RYC認定講師の かなやまなほこ です。

 

RYCメソッドでは

自分のコアに繋がる機会を増やすことで

無意識に持っている

人生の壮大なビジョンのイメージを掴んでいくことを

大切にしています。

 

コアとは、自分の持っている世界観の一部分でもあり、

それは、私たちの源です。

中心、愛、などと表現されることもあります。

たくさんのコアに繋がることで

本来の自分自身を取り戻していくことができます。

 

 

 

価値観とコア

 

私たちは、常に

自分の持っている価値観をもとに何かを選択して生きています。

無自覚であっても、必ずその都度

選択しているのです。

 

 

価値観は、私たちが体験してきた

様々な過去の記憶から創られます。

 

 

あの記憶とあの記憶とによって

あれは嫌なことだったから、そうならないようにしよう!と

自分を守るために、良かれと思って持った

大切な価値観です。

 

例えば、こんな感じです。

 

f:id:ryc-method:20180227164743j:plain

 

 

しかし、大人になって

価値観が創られたときと違う環境になっても同じように

潜在意識は自動的に

大切な価値観を顕在化して浮かび上がらせてくれるので

 

いつまでも、その価値観によって選択して

その結果、行動に繋がり

現実という結果が目の前に繰り広げられます。

ちょっと不具合を感じるのは、

持っている価値観がもう古いよ、というお知らせです。

 

 

RYCメソッドでは

自分のコアに触れる機会を増やすことで

価値観からではなく

コアの喜びから選択する方法をを習得していきます。

 

 

しかし、日常では

つい、古い価値観が働いて

不安を回避するための選択をしてしまうこともあります。

そうすると、今の自分には似合わない価値観で選んだ結論に

どこか納得できなくて

しっくりくる行動に結びつかなかったりするものです。

 

「わたし」の無意識の状態が観える

 

私は、数日間

モヤモヤと迷っていることがありました。

迷うと言うことは、

自分にとって損しないようにしたいという想いが隠れています。

 

だから、いろんなことを検討して

探すのですが

なかなか迷いから抜けることができませんでした。

 

 

先日の、

RYCグランドマスタークラス2回目は

感情解剖学と、現象解剖学という内容でした。

 

f:id:ryc-method:20180301150200j:plain

 

 

感情や、現象を

ただ解剖していくだけで

「わたし」の無意識の状態が観えてきます。

 

ワークを通して自分のことを解剖してみました♪

 

1)今、感じてること

 

私は迷っていろいろと考えています。

 

2)どんな価値観があるか?

 

迷っているということは、つまり、

ベストなものを選ぶのが良い!

全てメリットであることが良い!

と思っているのです。

 

全てメリットなんて状態はあり得ませんが、

無意識の価値観ですので仕方ありません。笑

 

 

3)どんな無意識の状態か?

 

迷っているときの私は、ずっとどれが良いか探してて、検討し続けています。

「あ~なかなか、ないなぁ」って、ぐるぐるしています。

 

ずっと探している私はそもそも、どんな状態なのでしょうか?

 

探している人って・・・

もっと良いものを求めている人なので

逆に、

良いものを得ていない状態です。

つまり、

今、デメリットを抱えている人だったり

ベストではない状態です。

 

5)その状態の私は、どんな前提か?

 

デメリットを抱えている私は、

どこか不満を持っている人であり

一部、妥協をしている人です。

 

 

つまり、図にすると

私の意識はこんな状態になっています。

 

f:id:ryc-method:20180227164826j:plain

 

「迷っている」と思っているのは

5%の顕在化している部分。

 

ほとんどの領域は

「どこか不満」

「一部妥協している」

「もうちょっとなのに・・」な私

なのです。

 

 

これが

潜在的な私なので

それが現実として映し出されます。

 

 

ということは?

 

私はずっと

 

どこか不満な状況や

もうちょっとなんだけどな・・という状況や

一部妥協しなくちゃいけない状況を

現実の中に見つけ出すのです。

 

え~~~!

そりゃスッキリしたものが見つかるわけがないのです。

 

 

いつまでたっても、

どれだけ検討しても

探せるわけはありません。

 

なぁんだ・・・。( ̄▽ ̄)

あぁ、だからこの現実が続いていたのね

と、笑えてきました。

 

 

ただ解剖するだけで終わらないのが

RYCメソッドの素晴らしいところです。

 

f:id:ryc-method:20180227181834j:plain

 

講座では反応設定というワークに入っていきました。

 

無意識の状態を変える設定

 

大部分を占めていた

「どこか不満」な人とは逆のイメージは

ベストである状態です。

 

いつもベストな状態の私だったら・・・。

ベストな現実が映し出されます。

 

ベストな状態の私が現実に対して

どんな反応をするのか?をイメージすることによって

無意識の状態が変化していきます。

 

 

次第に、 

モヤモヤしていた身体の反応が消えていました。

 

何かにこだわって抵抗していた反応が消えることで

自然と行動に移すことができたのです。

 

 

意識の世界で解剖すると、

私は、「迷っていた」のではなく

ただ単に、「ちょっと不満を持つ」

ということを現実化していただけのことでした。

 

なので、

無意識の状態が変化することで

どれかを選ぶ必要がなくなり

次の行動に移すことができたのです。

 

 

全てはベストであるという前提ならば、

何をしたって何を選んだってベストです。

 

じゃあ、もう直感で

目に入ったものに決めて行けば良いよね♪

くらいのスピーディーな結論になります。

 

 

ワーク後、数秒で

行動に移していました。

 

あんなにモヤモヤ悩んでいたのはなんだったのでしょうか?

おもしろいものですね。

 

 

RYCメソッドグランドマスタークラス

RYCメソッドマスタークラスの上級編です。

潜在意識の応用を習得した後に学ぶことができます。

 

f:id:ryc-method:20180227173308j:plain

 

 

RYCマスター講座はただ今、募集中です。

ぜひ、潜在意識を習得し人生に活用してください。


潜在意識の基本的な仕組みは、こちらで習得できます。


 

RYC認定講師 かなやまなほこ

http://ameblo.jp/appreciate0728/

 

Copyright © 2017 RYCメソッド All rights reserved.