「モヤモヤ期」は、ルールの書き換え期

 RYCメソッド開発者 秦由佳の過去記事からの抜粋です。

~~~~~~~~~

 

わたしたちの中には、
自分が意識することが出来ないまま
既に習慣化された「ルール」のようなものが存在します。

 


それらのルールは
ごくあたり前にありすぎて、わたしたちを
無意識に突き動かす。

 


もっと言えば「人格」「正確」
「表面的な考え」や「価値観」

というものも、


すべて「自動化されたルール」

であると言っても良いでしょう。


今日は、それについてお話ししつつ、
この潜在意識のシステムとどうお付き合いするか?
お伝えしようと思います。

 

習慣化しているルールがある 



「ルール」と聞くと、ちょっとお固い感じがしますよね。



ルールなんてないほうが、
自由で豊かな感じがすると思いますが、

私たちの中には、
より快適に、より省エネ状態で過ごせるよう、
いろいろなことを「習慣化」する
プログラミング機能があります。




心臓の動きや筋肉の動き、
歩く時の脚の動きから、
コップを持ち上げる時の手の動き…



意識しなくても出来るようになることで
お得なことがいっぱいあります。



これと同じように、
私たちの中には

・感情のルール
・考え方のルール
・判断のルール


というものも、既に潜在意識の中で
習慣となって存在しているのです。




モヤモヤっとする時期や
何か色々なことが起こって嫌な気分になるとき。
あるいは、どうしようもない不安に駆られたり、
恐れが湧いて出てくるというときなんかは、

潜在意識の中でこの「ルール変更」

が行われている時期だと思ってよいでしょう。



シンプルに言えば、
それはサナギが蝶になろうと脱皮しているとき。




「新しいルール」と
「古いルール」のはざまで揺れ動くとき、
私たちの中から色々なものが
浄化されていくようになっているのです。





わたしはよく、
この仕組みについてお伝えしています。

これを伝える一番の理由は、

わたしたちが誰でも過ごすであろう
「進化の過程」で経験する
しんどいなーとおもう


「ゆらぎ期間」

について、知ってもらいたいなと思うから。


そう、もしかしたら
嫌なことが起こるのも、
うまくいかないことが起こるのも、
立て続けにたいへんなことが起きて
感情が溢れ出てくるのも…


すべて、

「古いルール」から「新しいルール」への
移行期間なのかもしれません。

 

古いものが出ていく期間



これらを通してひとつ分かることは、
この時期に経験する感覚がある、ということです。



分かりやすく言えば、
新しいルールをダウンロードし、より進化していく時、

古いルールにのっとった習慣が
壊れていく、ということ。




何かが手放されていこうとしたり、
昔からずーっと慣れ親しんで来た
「セルフイメージ」とおさらばすることがあったり。



その時に、何かや誰かに対して、
あるいは自分に対して

・自己嫌悪
・拒絶感
・受け入れられない、というブロックの感覚

が生まれやすいのです。

 

f:id:ryc-method:20180403091214j:plain

 



きっと多くの人が、これを経験してきただろうし、
わたしも今でもなお、
この「ゆらぎ期間」を経験しています。


それは、自分の中に何か
「問題」
があるからではなく、


何か別のステージ、別の世界、
そして未来に必要な情報を
ダウンロードしているだけなんです。




この時期の自分や、これらの感覚に陥る自分に対して
更に蓋をするように押さえ込んでしまうと、

本来出て行こうとしているものが、
なかなか出て行きません。


ですから、的確な情報や知識が大切である、
ということなのです。

 

 

流れを信頼する

 


潜在意識を勉強してほんとうに良かったな、
と思うことは



物事の表面だけではなく、
それらから、内側でどのようなことが起きているのか?

ということを意識することができるようになったこと。



そうすることで、
下手に自分を責めることもなく、
また引き起こされる問題を問題とすることもありません。




古いルールから新しいルールに変わるとき、
わたしたちは潜在意識の領域で

「新しい自分」を既に感知しています。




人の筋肉…というか、
この感知プログラムって、とてもすごいんですよ。



頭で考える時間軸とは逆で、

未来⇒今

という風に、潜在意識の中では時間が流れている、と
イメージしてみてくださいね。




そうすると…。


・今、何が起きているのか。
・この反応は、何であるのか。
・次に自分はどの世界に飛び出そうとしているのか。


それがなんとなく、見えてきます。



---



本当の安堵感というのは、
自分の潜在している可能性に触れたときに訪れます。



ゆらぎの期間というのは、
新しいルールと古いルールの間で
板挟みになって苦しい感じがしますが、

何もかも、自分の潜在意識が

自分にとって、次に必要となるものを用意し、
入れ替えているのだ、と捉えてみてください。

 

f:id:ryc-method:20180403090435j:plain



すごく、なんか、表面的な部分ではない
どっか別の部分で、ふーっと息がぬけるはずです。


身体の変化や心の変化、
それらの「流れ」を信頼して、観察してみてくださいね。


 

~~~~~~~~~(過去記事抜粋、ここまで)

 

 

ラスト!
4月8日@名古屋


 

4回連続講座です。
4月21日(土)スタート@東京
4月21日(土)スタート@名古屋
5月19日(土)スタート@大阪
5月26日(土)スタート@福岡
5月27日(日)スタート@大阪



4月14日(土)@東京
4月11日(水)@岐阜
4月21日(土)@大阪
4月28日(土)@金沢
5月26日(土)@金沢


  

Copyright © 2017 RYCメソッド All rights reserved.