潜在意識のパワーを侮るな!それは、自分を侮るなということだった。

先日、

イミグレのおっさんを絶賛教育中です! 

という記事で

 

食べることをおいしいと味わえない、お腹が空かない

と悩んでいた彼女が

視点を変えたことで自然と無意識の状態が変わり

結果的に素晴らしい変化を体験した

という内容を書きました。

 

その後の変化、続編を頂きましたので

ご紹介しながら

変化・統合の過程で働いてしまうシステムに対して

どう対応していけば良いのか?を説明していきたいと思います。

 

 

 

 Aさん

最近、私の前に食べ物が溢れてるんです!(笑)


周りの人が買ってきてくれたり、差し入れしてくれたり、ご馳走してくれたりして、
飲食には全く困らない。

溢れてても、全部美味しく食べちゃうし♡潜在意識スゴーイ!!

  

体力を保つために無理やり食べようと努力していたのに

驚くような変化ですね。

 

Aさん 

よくよく周りを見渡すと、私、生活には困ってないんですよね。

そこで
「(簡単に)報われてはいけない」という価値観があったことを思い出しました。
自ら苦労を作ってたんです、わざわざ。

今、イミグレのオッサンに「人生チョロい」と再教育中です(笑) 

 

スッキリしたり、安心したり、喜んだり、というのが、
頭の中じゃなくて、身体の中から起きてるのを実感してます♪

潜在意識のパワーを侮ることなかれ、と(笑)

言い換えると、自分を侮るなってことですね♡

 

私たちは、いろんなことを諦めてしまいます。

 

簡単に願いが叶ってしまってはいけないと

無意識に願望をわざわざ遠ざけるように仕向けています。

 

願望を遠ざける理由

 

本来、潜在意識にイメージを届ければ

瞬時にそれを叶えてくれるものです。

 

引き寄せの法則は、引き寄せようとしなくても

常に起こっていることです。

 

 

イメージをすれば、それがトリガー(きっかけ)となって

必要な関連したアンカー(情報)が引っ張り上げられます。(顕在化する)

 

その情報をそのまま受け取って行動していけば、

結果的に願望は達成されるものなのです。

 

 

しかし、私たちは

願望はなかなか叶わないものだと思い込んでいます。

 

 

それは、なぜか?

 

無条件に叶っても良いはずなのに

無意識に条件を付けることによって、それをクリアしていくプロセスを体験する必要があるからです。

 

条件をクリアしようとする中で、

そんなことできないし、

私にはないし、

抑圧していた性質が浮かび上がってきます。

 

 

本当は、その抑圧した性質を自分自身に取り戻したくて

ざわざわプロセスを創り上げるのです。

 

 

願望がダミーであると表現されるのは、このためです。

 

 

Aさんも、

「(簡単に)報われてはいけない」という価値観があったことを思い出しました。

と言っていました。

 

苦しい思いをしたら、願いが叶うものである、

と条件を設定することで

 

苦労することがクリアできない自分と出会い

あるがままの性質である

のんびり屋な自分、運が良い自分、など抑圧していた性質に

〇をつけてあげることができたのです。

 

 

その結果、

イミグレのオッサンに「人生チョロい」と再教育中です。

という

今までには思いもつかなかった情報が顕在化されました。

 

 

いつもの顕在化している情報だけを信じている

 

Aさんは、

食べるという行為=苦しいもの

というリンク付けがされていました。

 

 

過去の体験からと体験を組み合わせて生まれた解釈です。

 

 

それは、組み合わせなので

他の組み合わせもあるし、他の情報もたくさんあります。

 



これをRYCメソッド初級講座では

冷蔵庫の中にある食材に例えています。

(参照記事:潜在意識を変えるって?セルフイメージを変えるって?vol.2

 

いつもの材料を好んで使い、

あまり慣れていない食材はつい後回しになって

いつしか賞味期限が・・・

ということもありますね。

 

それと同じようなもので

いつも顕在化する情報があるだけで

それを自分だと信じています。

 

 

違う食材を使うことで

違う料理が出来上がるように

 

普段、許可していなかった情報が

顕在化することによって

現実がまるで違った景色に見えてきます。

 

 

本当は、「あった」ものが

見えていなかっただけのことなのです。

  

 

Aさんは、

ちょっと視点を変えてみただけで

浮かび上がる思考や感情が変化しました。

 

 

 

ここで、つい私たちは

自分を確認してしまうのです。

 

え?うそでしょ?

そんなに簡単に変化するわけないし!と

もとの状態のままである自分をもう一度探し始めてしまいます。

 

 

変化した状態に戸惑い、無意識に戻ろうとする仕組み

 

新しい情報が顕在化することに

身体は最初戸惑います。

 

それは、潜在意識が

慣れ親しんだものを安心であると認識しているからです。

 

 

許可していなかった情報は

かつて、自分にとって危険であると判断し

潜在化した(抑圧した)情報なので

 

それを顕在化(許可する)ということは

クリティカルファクターのルールに反することなのです。

 

そのとき、サイレンが鳴り響き

それが不安や緊張、硬直など

心地悪い感覚として感じています。

 

 

だから、

元の状態(安心感)に戻ろうとして

新しい情報ではなく

元の情報に無意識にアクセスしてしまいます。

 

 

あっという間に変化は起きるけれど

 

あっという間に、元に戻るチカラもあります。

これは恒常性という誰にでもある機能です。

 

恒常性とは

 生物自身が自らの生命を維持するために必要な、体内環境の最適なバランスを保つように働く機能

 

 

 

新しい自分に戸惑うとき

無意識に焦っている、混乱している状態になっているでしょう。

 

結果、焦っている状態に見合った

思考や感情が生まれ

あぁ、やっぱり変わっていなかった私・・・

と、

安心するのですね。

 

 

不思議に感じるかもしれませんが

無意識に浮かんだ情報に身を任せたままでいると

自然とその流れになっていきます。

 

 

だから、

イミグレのおっさんを教育するのです

 

 

*イミグレのおっさん

クリティカルファクターには、顕在化する情報と潜在化する情報を分ける働きがあります。この情報は通っていいよ、この情報は通ってはいけないよ、というルールがあります。
それはまるで空港の出入国審査(イミグレーション)のようなものです。
(RYCメソッドではよく、イミグレのおっさん、と表現しています。)

 

 

 

Recall(呼び覚ましていくこと)が大切

 

新しい情報が顕在化したことをきっかけに

それが当たり前になるように意識的になることが大切です。

 

 

意識的になるとは、

 

自然と浮かび上がる記憶が全てであると信じないで

 

自ら、好ましい記憶を呼び覚ましていくことが重要なのです。

 

f:id:ryc-method:20180811173921j:plain

 

 

つまり、

Aさんの場合でいうと

 

食事をして楽しかった記憶が必ず今までにあるはずです。

豊かだった体験もあるのです。

 

そんなわけないし、と

思い出すことを放棄していた習慣を変えて

 

顕在化したい情報に繋がっている記憶を

思い出そうとする行為

毎日、繰り返していくこと

クリティカルファクター(イミグレのおっさん)を

育てていくことに繋がります。

 

f:id:ryc-method:20180812071741j:plain

いつもAを顕在化していた状態から

Bを顕在化させる状態にするためには、

構成している記憶を、呼び覚ます(わざわざ思い出そうとする)ことが大切なのです。

 

これを面倒がって、やらないので

新しい現実を体験しても、それが一過性に感じられるのです。

 

 

RYCとは

Recall Your Center の略です。

このRecallとは「呼び覚ます」という意味であり

自然と思い出す「Remember」とは違うのです。

 

 

現象化したい世界を創り出すための情報を

意識的に呼び覚ます(Recall)ことで

クリティカルファクターを育てていくのです。

 

 

RYCメソッドでは、これらのことを

初級講座、マスター講座、グランドマスター講座などを通して

徐々に習得・定着させていきます。

 

 

 

なんだか知らないうちに変化した!と感じる

驚くような自己の成長(変化)を継続していくには

コツコツとした習慣化の力が大切なのです。

 

 

今までは、社会的に良いとされる生き方を

私たちは無意識に選んできたのかもしれません。

どんな世界を生きたいのか?

意識的に創造していくことがとても大切ですね。

 

  

 

 

基本中の基本! 

たった1日で、潜在意識の基本的な知識を得ることができます。

 
8月18日(金沢:川守さくら)
8月19日(大阪:さはら ゆき)
8月25日(東京:東山知帆里)
8月26日(名古屋:かなやまなほこ)
9月20日(大阪:三輪智美:定員4名)
9月29日(金沢:川守さくら)

 

  

1,000名を超える方が購読中です。

ご登録いただくと、自動でメールマガジンもお届けします。

 

 

 RYC認定講師 かなやまなほこ

http://ameblo.jp/appreciate0728/

 

 

 

Copyright © 2017 RYCメソッド All rights reserved.