引き寄せの法則

なかなか叶えられない願望には「どうせ私・・」が隠れている

今から7,8年以上前のことだったでしょうか。 図書館で何気なく本を探していたら、ある一冊の本が目に入ってきました。 それは、引き寄せの法則の本だったのです。 まだ、潜在意識の世界を知らなかった私は、この本を読んで 今まで味わったことのない不思…

コアは最強! 誰もが無理することなく自然に、物事が良い方向に向かっていく不思議

困ったことが起こると、いろんな感情が浮かんできますね。 先日、イラっとして取った行動が裏目に出てしまい、 自分にとって都合の悪い状況が起きてしまいました。 そのとき、私は自分の行動をとても後悔して、自分に対して バカバカ!と思ってたんですね。…

バージョンアップするときは、抵抗感のある現象が現れる

他者に何かをやらされている気がするときって嫌ですね。 自分が自分に対して、やらなくちゃ、と思っているときも、 自分にやらされているような気がしています。 コーチングは、目標を設定して、そこまで進んでいくものですね。 私はコーチングが苦手でした…

願望が叶わなくて苦しくなったら、自分でどうにかしようとするのを止めてみる

RYCメソッドでは、無意識の状態がとても大切であるとお伝えしています。 無意識の状態が、現象に大きな影響を与えているので、 心地良い状態であることが重要なのですね。 いつでも心地良い気分で居たいものですが、 日常はなかなかそうではない状況もいっぱ…

どうしても叶えたい!ことがあるとき

何か嫌なコトがあったりすると、 あの人が変わったら、私は幸せだ これが解決すれば、安心できる と、感じるものですね。 モヤモヤ、ザワザワした感覚が浮かべば 目の前に居る相手がどこか間違っているんじゃないか? この状況が良くないのではないかと思い…

「この子がいなければ!」 現実化して欲しくないイメージを抱いてしまうとき

RYC®認定講師の 川守さくら です。 娘2人の子育てママです。 子育てって大変ですよね! 今までは自分や夫だけでよかったのに、 子どもにフォーカスしていく生活に なってしまいます。 子育ては、たくさんの本音が隠れている 『この子がいなければ』という気…

「こんな風になりたい♪」憧れの存在が遠い理由と、自分らしさへ近づくヒント

前回は、「願いごと」から見た 潜在意識へ届けているイメージのお話でした。 今日は、憧れの存在と、自分らしさのお話をしたいと思います。 憧れの存在と潜在的な仕組み 憧れている対象と自分がなかなか重ならないのは? 視野が変わっても行動に繋がらないの…

今年はどんな一年にしようかな♪ 潜在意識に届けたいイメージを浮かべるには?

新年あけましておめでとうございます。 年が明けると、気持ちもどこかクリアな感覚がしますね。 今年はどんな一年にしようかな?と、 一年の抱負をなんとなくイメージしているかもしれませんね。 みなさんは、どんな年にしたいと思いましたか? 紙とペンを用…

やりたいと言いつつ、全くやれていないときに意識したいポイント

やりたいやりたいと言いつつも全くやれていないものは 潜在的には、やりたくないことです。 だけれど、人は、頭ではやりたいと言います。 なかなかやれないことは、やるための行動に対して 恐れを抱いているから、とか 不安がいっぱいあるから、などの 何か…

願望達成したいなら、まずはこれ!

なりたいものになろうするなら、まずは親近感! 親近感、とは? なぜ、現実化しない未来があるのか? 現実化しない未来に想いをはせる理由 親近感を抱けない未来は、とっとと手放す 願望の整理、それは自分を見つめること なりたいものになろうするなら、ま…

イヤイヤ出勤する夫の姿を通して見える、私の無意識の願望 「引き寄せの法則」

夫が毎日、ブルーな表情で出勤します。 「こんなに我慢して頑張ってるんだよ」「褒めて褒めて」と言っているかのようです。笑 RYC®認定講師の かなやまなほこ です。

ワーク付き!引き寄せの本質シリーズvol.2

引き寄せの本質シリーズvol.1はこちら。 引き寄せの本質シリーズvol.1はこちら。 引寄せの法則のポイントをおさらいしましょう 自動的に引き寄せが増すようにする では、さっそく実践ワークの説明です。 やめてやめてやめまくると、やりたいことも見えてくる…

ワーク付き!引き寄せの本質シリーズvol.1

そもそも引き寄せの法則、とは? その名の通り、自分が「何かの現実」を引き寄せる力を発揮するための法則のことです。 しかし、私たちは今まで引き寄せの法則について大きな勘違いをしてきました。いいや、大きな勘違いを「させられて」きたのです・・・。

引き寄せの法則について《基本的な記事その④》

引き寄せる、とはそもそもどういうことなのか? 人間の眼は決して、性能の不安定なカメラではない。決して認識や思考の道具ではない。見るとは、決して対象を分析し、切り取ることではない。何よりもまず感じることなのだ。見るとは眼で感じることなのだ。認…

Copyright © 2017 RYCメソッド All rights reserved.