「どんな私のことも認めて!分かって!」からの卒業

自分のことを私たちは無意識に否定してしまっていることがありますね。

それに気付かないとき、外側の現象に映し出して、

心地良くない現実として体験し、ネガティブな反応によって

気付かされています。

 

例えば、

飽きっぽくて続かない自分の性質を否定して無理して抑えていると、

仕事をさぼる人ばかりが目に付きます。

 

投影の法則は、

現実を通して、自分が無意識に抑圧した性質を見つけ、

否定していた自分の一部分を

「そのままで良いよ」と受け入れるために活用することができます。

 

 

 

現実に違和感を感じるときは、次の段階に進むとき 

 

「そのままで良いよ、大丈夫だよ」と、言われたり

自分がそう思うことができたとき、とても安心感に包まれますね。

 

本来、私たちは自分の全てにOKを出して生きていいのです。

しかし、そう思えないときや、他者に否定されるように感じることもあります。

 

自分のことを、このままで良いと思っているのに、

「それは違うよ」とか

「もっとこうしたら良いよ」など言われたとき

そこまで抵抗感はなくても、少し嫌な気分になったりしませんか?

 

なぜ、この人はこんなことを言うのだろう?

アドバイスしてくるのだろう?

余計なお世話なのに・・・、とまで思ったりすることもありますね。

 

私もそう思ったこといっぱいありました。 笑

 

それは、

無意識の自分との繋がり方にも段階があるからでしょう。

 

 

いろんな自分を見つけ出して、許していく中で、

あぁ、これで良いんだ私、と安心することが大切な時期もあれば、 

それを卒業して次の段階に進むのが相応しい時期もあるのですね。

 

次の段階に進むタイミングなのに、いつまでも

自分を許すことだけに意識を向けていると、

現状に違和感を感じ始めるでしょう。

 

「私はこのままで気持ち良いのに、なんでこの人は否定するような言葉を言ってくるのかしら?」というような現実を感じやすくなるかなと思います。 

 

他者にいつまでも、

「そのままで良いよ」と言ってもらって安心したいと思いますが、

そうもいかなくなった現実を感じているときは

新たな段階へ移行しているときなのかもしれません。

 

 

子育てで考えると分かりやすいでしょうか?

 

良いよと全肯定してあげたい想いもあるけれど、それだけも違う、と。

どこかで知っていますよね。

 

良いよ、と、

そうじゃないよ、を

どのタイミングで使い分けるか?は

とても大切なことですが難しいところでもあります。

 

 

家族や先生、友人など、大事に思ってくれている周りの人たちは、

自分のことを自分以上によく分かっていて、

現状ではなく、未来の自分を先取りして見てくれているからこそ、

 

「このままの私を認めて欲しいのに、なんで否定みたいなこと言うの?」

と感じるような言葉をかけてくるのかもしれませんね。

 

f:id:ryc-method:20190115162758j:plain

 

どのような段階を経て、自分と繋がっていくのか?大まかに見ていきましょう。

  

 

自分との繋がり方の段階

第1段階 現実が先だと思い込んでいるとき

 

このプロセスの場合は、

嫌な相手が居るとき、相手が悪いと思い込んで疑わないときです。

 

嫌なことがあると、他者や出来事を批判しまくって、自分自身の気持ちに触れることを避けています。

本来の自分を見せると、とんでもないことになってしまう!と、恐れて

自分を一生懸命守っているときです。

 

第2段階 気付いて許していく

 

このプロセスは、

現実は、自分の無意識が投影されているのだ、と理解しはじめ

相手への批判から生まれた気持ちをもとに、自分自身の感情にフォーカスしていくときです。

 

例えば、

とてもだらしがなくて、言ったことをやらない、すぐ忘れるタイプの人が居たとしますね。

その人に対して、「きちんと仕事しろ!」とイライラするのなら、

実は、だらしがない自分の性質を無意識に否定しています。

それに気づかないとき、他者に投影して気持ちが揺れます。

 

「だらしがない自分でも良いよ」「ダメな自分でも良いよ」と、許していけば良いのです。

 

そもそも、大らかな性質である、コアな自分を見つけ出すことができます。

 

第3段階 そもそも解釈がもう古い 

  

第2段階では徐々に

無意識に抑圧していた性質にOKを出せるようになっていきます。 

こんな自分でも良いよ、と許していくことで、安心感に満たされていきますね。

  

 

ダメな私でも良い、と思いつつも

でも、またダメな私を感じてしまう現実を見つける

と、いうこともあります。

すると、

まだ、私は自分の抑圧を解放していないのかしら??

と不安を創り出すこともあるでしょう。 

 

それは、

そもそも、現実に加えている解釈そのものが勘違いしたものである、と言えます。

   

現実をネガティブに捉えて、感情を揺らすことで、私たちは

自分の無意識に触れることができます。

無意識に抑圧している性質を見つけるためにはある意味、

現実を、そのように解釈する必要があるとも言えるのです。

 

しかし、それを卒業できたら、もう

出来事をいつもと同じように捉える必要はありませんね。

 

 

目の前の出来事を心地よく感じるときには

今の自分に相応しい解釈が加わっています。

f:id:ryc-method:20190115155517j:plain

目の前の出来事に心地よさを感じないときには

今の自分に相応しくない解釈が加わっています。

f:id:ryc-method:20190115155538j:plain

心地良くない解釈のとき、

私たちはそこにたくさんの勘違いした無意識の情報を見つけ出すことができるので、

心地悪さも、気付くためには大切なヒントなのです。

それらに気付いて許すことができたのならもう

その解釈を加え続ける必要はありません。

 

しかし、

慣れ親しんだ解釈は、自動的に働くので、

いつまでも、古い解釈のまま持ち続けてしまうのですね。

必要ないのに。

 

瞬時に過去の再生プログラムが働き、

「否定された」と感じるかもしれませんが、

それは、もう古いものである、と気付き

違うものへ変えても良いのです。

 

今までとは違う新しい解釈に着替えていくタイミングです。

  

 

第4段階 傷ついていない自分として生きる

  

傷ついた、否定されたと感じたとき、

とても嫌な気分になるでしょうが、

無意識の自分に触れることで、自分で自分を

癒したり許したりすることができます。

 

それは、安心感に包まれていくので、心地いいですね。

これはコアな自分への入り口とも言えます。

 

しかし、この安心感をゴールにすると、ずっとこのプロセスを繰り返しがちです。

否定している自分を見つけ出しては、許す、認める、という作業を繰り返すでしょう。

 

 

傷ついた自分 → 傷ついていない自分、に移行したとき

私たちはすでにそのままでOKな存在となっています。

 

ここからスタートすることが大切です。

すでにそのままでOK(コア)な自分だったら、

何を考え、選択し、行動するのか?をイメージすることで、

結果的に、コアな世界が広がっていきます。

  

f:id:ryc-method:20190115162150j:plain

 

現実の世界への違和感を、傷ついた私という前提で観る段階は

もう卒業しているのですねぇ。

 

 

飛び級もできるし、順番に歩むのも良い

  

これらの段階を歩みながら、私たちは本来の自分を呼び覚ましています。

Recall Your Centerです。 

 

今の自分に相応しい段階があります。

 

・気付いていないならまずは気付くことが大切、な第1段階。

・気付いたら、それを自分に許可していく、第2段階。

・許しているのに、まだ現実にモヤモヤしているのなら、その現実に加えている解釈そのものが似合っていないと気付く、第3段階

・すると自然に、第4段階の、そもそも傷ついてない自分に目覚めていきます。

 

 

ここからがコアな自分としての創造するプロセスに入っていくのです。

 

テーマによっても、それぞれ段階が違うこともあるかもしれません。

仕事、家族、お金、など得意不得意分野があるでしょう。

 

 

飛び級で、第4段階からスタートしちゃおうね!

というのが

潜在意識デザイン講座でお伝えしている内容です。

 

しかし、

「そんなの無理~」と、第4段階に行くことに強く抵抗する気持ちが浮かぶとしたら、

それは、しっかりとその前の段階を踏まえたいという

潜在意識からの願いでしょう。

許してあげたい自分がいっぱい居るのでしょうね。

 

その場合は、基本的な潜在意識の仕組みを習得することで、着実に歩み

自分を取り戻してくことができます。

こちらは、RYCメソッド初級講座でお伝えしています。

 

  

大まかに段階を説明しましたが、それぞれ見える景色(現実)も違ってきます。

今の位置を把握することで、歩きやすくなっていきます。 

上手く、RYCメソッドを活用して、プロセスを歩んで行ってくださいね。

 

 

 

 

講座、WSのお知らせ 

 

潜在意識デザイン協会が開催している、 全国の講座とイベントのスケジュール一覧です。

   

 

RYC認定講師 かなやまなほこ

http://ameblo.jp/appreciate0728/

 

 

 

 

 

Copyright © 2017 RYCメソッド All rights reserved.