「自分のことをどう扱っていますか?」 無意識の解釈が現実を創っている。

現実を問題や悩みとして感じるとき、それを解決しようとして

現実にアプローチし始めますね。 

しかし、実際に起きてしまった現実に対して何かをしようとしても

その現実は変わりません。

なぜなら、問題として捉えている現実そのものが、私たち自身が創造していることだからです。

 

RYCメソッドでは、事実と解釈ワークというものがあります。
RYCメソッド初級講座潜在意識デザインノートWSなどで解説しています。)

現実に対して、無意識に加えている解釈を見つけ出すことで

問題や悩みが自然と解消されていくので、

このワークは絶大な効果を生み出します。 

効果があるだけあって、解釈を見つけ出すプロセスは、

かなり、潜在意識の深い部分にアクセスしているのですね。

 

 

どんな感覚がしているか?

 

私たちが見ている現実は、

自分だけのオリジナルな解釈が加わっています。

何も解釈が加えられていないニュートラルな事実を認識することはできないようになっています。

 

f:id:ryc-method:20190426125702j:plain

 

f:id:ryc-method:20190426125723j:plain

 

解釈が加わらないままでは、???となって認識できません。

 

f:id:ryc-method:20190426125747j:plain

 

この無意識の解釈がコアな自分に相応しいとき、

心地良い感覚を抱きます。

 

コアな自分に相応しくない解釈のとき、

心地良くない感覚を抱きます。

 

f:id:ryc-method:20190426125826j:plain

 

そのため、出来事を通して感じている好ましくない感覚や感情を抱いたとき、

無意識に加えている解釈を見つけ出すことで、

コアな自分の存在に繋がることができるのです。

 

 

この解釈を見つけ出したときに、スッキリと解放的になる場合と、

合っているけれど、なんだかしっくりこない感覚になるときとあるかと思います。

 

しかしそれは、潜在意識のことを理解できていないからではありません。

 

解釈というのは、表層部分で分かってるものと、

もっともっと深い部分で思い込んでいる、当たり前すぎて顕在化しにくいものとあります。

なので、しっくりする解釈が浮かび上がるまで、自分の気持ちに寄り添いながら

深く無意識にアクセスしていくことで、さらに

顕在化しにくい古い解釈も見つけ出すことができます。

 

 

私は以前、

「Aさんに、好きにして良いよ、と提案されて、とても重苦しい感じがした」

という現実を体験しました。

事実は「Aさんが好きにして良いよと提案した」だけです。

 

Aさんの提案にどうして嫌な気分になっているのか?を考えてみると

この時、「必要とされていない」という解釈が浮かんできたのですね。

 

この解釈が浮かんだときに、

「あ~そう思っていたからなのね~」と腑に落ちてスッキリした場合、古い解釈はもう脱ぐことができています。

 

確かにそうだけれど、なんだかしっくりこないな、という場合がありますね。

その場合は、他者目線の解釈から、自分目線の解釈に変えて

自分事に捉え直してみることで、深く無意識にアクセスすることができるでしょう。

 

 

自分が自分のことをどう扱っているのか?

  

「私は必要とされていない」という解釈は、他者目線です。

それを自分目線に変えていきます。

その出来事を通して、自分のことをどんな人だと思ったのでしょうか?

 

「私は足手まといである」と思っていたのですね。

足手まといだから、必要とされない、と思い込んでいたのです。

 

 

そして、私は自分のことをどう扱っていたのでしょうか?

 

相手の言葉を聞いたときに、

「仕方ない・・と諦めた」のです。

 

自分の気持ちや感情を素直に出すことなく、諦めさせていたのです。

 

 

私たちは無意識に、相手に○○された、という解釈を抱きます。

しかし、それは、

相手が何かを言ったとき同時に、それを受け取った自分が居るわけです。

 

本来、受け取るかどうかは、自分が自由に選択することができます。

 

「あなたはダメだ」と言われたときに、

無意識に「私はダメだ」と受け取っていれば、

怒りや悲しみが生まれ、相手に否定されたと思い込みます。

本来の自分とズレた解釈を受け取ったために嫌な気分になるのですね。

 

しかし、無意識に「何を言っているのかしら?」と受け取らなければ

何も嫌な感情は浮かび上がらないでしょう。

本来の自分と合っている状態なのです。

 

相手に対して、反応するということは、無意識に浮かんだ解釈を自分で採用しています。

私を諦めさせているのは、紛れもなく自分自身なのです。

 

f:id:ryc-method:20190426125908j:plain

 始めは、

「必要とされていない」という勘違いに気付いた段階。

そこから、自分事として捉えることで、さらに深く無意識に繋がって

「足手まといだ」という勘違いに気付き、

私が自分に対して、「諦めさせていた」ことに気付く段階へと移って行くことができました。

  

f:id:ryc-method:20190426125924j:plain

 

今までのことを思い返すと、

相手に合わせて自分の気持ちを諦めたことは、いっぱいありました。

それが、愛情表現であったり、

誠意を示すカタチだったりしてたのです。

 

しかし、その表現はもう要らないよということに気付くために

いつまでも同じ記憶を思い出して、忘れられないようにしていたのですね。

 

 

いつまでも同じことを忘れられないことってありますね。

過去への執着があると、どこか停滞しているような感覚が浮かび上がり

気持ちの良いものではないかもしれません。

 

なぜか思い出してしまうことや、忘れられないことは、

単なる習慣化で自動的に起きていることもありますが、

ある程度、自分の無意識に繋がる機会を持っている場合は、

コアにどんどん近づいていくために必要な段階を踏んでいるのです。

 

f:id:ryc-method:20190426134941j:plain

  

 

他者に○○された、という解釈から始まり、 

どんな自分だと思い込んでいるのか?という解釈 

そして、

無意識に自分をどう扱っているのか?

見つけていくことで深く自分自身に繋がっていきます。 

 

浮かび上がった解釈にしっくりこない場合は、

さらに深く繋がり、愛のメッセージに気付かせてもらえる大切な時期なのでしょうね。

 

 

 

 

講座、WSのお知らせ 

   

潜在意識デザイン協会が開催している、 全国の講座とイベントのスケジュール一覧です。

 

 

2019年リニューアル!
コアとの繋がりを深め、じっくりと浸透させていきましょう。 

6月15日(大阪:さはら ゆき)
6月16日(大阪:三輪 智美)
6月22日(名古屋:かなやま なほこ)
6月22日(金沢:川守さくら)
6月29日(東京:東山 知帆里)

 

 

 

基本中の基本! 
たった1日で、潜在意識の基本的な知識を得ることができます。 

6月16日(東京:東山 知帆里)
6月19日(東京:岡本 たみえ)
7月13日(金沢:川守 さくら)
7月14日(岐阜:かなやま なほこ)
8月28日(大阪:三輪 智美)

オンライン受講が始まりました!(マンツーマンです)
6月7日(オンライン:みねした 三保)
6月12日(オンライン:みねした 三保)
6月13日(オンライン:かなやま なほこ)
6月14日(オンライン:さはら ゆき)
6月21日(オンライン:川守 さくら)
6月21日(オンライン:岡本 たみえ)

潜在意識の講座 RYC®メソッド初級講座

f:id:ryc-method:20181015163443j:plain

 

  

あなたはどのような世界を潜在意識に創らせますか? 

7月6日(名古屋:かなやま なほこ)
7月27日(東京:東山 知帆里)

潜在意識デザイン講座

f:id:ryc-method:20181008143839j:plain
      

 

“なりたいわたしになる”
無意識の状態が自然と変化していきます。

7月6日(名古屋:かなやま なほこ)

 

 

ご登録いただくと、レポートもプレゼント♪

   

 

RYC認定講師 かなやまなほこ

http://ameblo.jp/appreciate0728/  

 

 

 

Copyright © 2017 RYCメソッド All rights reserved.