認められたい! 想いの中にある本音を見つけていきましょう

認められたいという気持ちは、いろんなことを含んでいます。

 

人はそもそも

存在を認められたいものですが

私たちが普段感じている

「認められたい」には

たくさんの感情が入り交ざっています。

 

 

中身を見つめていくことで

今、抱いている自分の本音がわかります。

 

RYC®認定講師の かなやまなほこ です。

 

 

仕事でも、恋愛でも、親子関係でも

大きな意味で、認められたいという気持ちを抱いたことはあるでしょう。

 

 

漠然とした思いの中身を明確にしていくことで

無意識に持っている価値観が見えてきます。

 

 

中身を見て行きましょう

 

 

認められたい!!

 

→この行動で合ってるのかな?と確認したい

 

→愛されている確信が欲しい

 

→私ってすごいじゃん!と感じたい

 

→ここに居ても良いよという許可が欲しい

 

 

あなたはどれに

当てはまっていますか?

もしくは、これ以外の言葉が浮かんできますか?

 

 

求めているものは

「認められたい」のではなく

その先にある感情です。

 

 

しかし、

「認められたい」という想いすら

恥ずかしかったり、みっともないと思ったりして

どこか遠慮してしまうと

その先の感情も感じられません。

 

 

まずは「認められたい」と思っている自分を

受け入れましょう。

 

 

恥ずかしいことじゃないよ♪

私たちが感じたことはどんなことでも

全て純粋な想いなのです。

 

 

その先の感情が見えてきたら

自分に問いかけてみましょう。

 

 

問いかけることで改めて選択しなおす

 

 

 

その次は「→」の先に見えた気持ちを

「それって本当?」と

自分に問いかけてみましょう。

 

 

例えば、

「→この行動で合ってるのかな?と確認したい」の場合

 

合っているかどうかを

あなたは本当に確認したいのでしょうか?

 

もしそうなら、どうして確認が必要なのでしょうか?

 

自分に問いかけ続けていくと、

次第に分かってくることがあります。

 

誰かの許可がないと

自分は何かをしてはいけないと決めている

ということに

気付いていけますね♪

 

 

そうしたら改めて

「許可って必要だろうか?」と

また自分に聞いてみましょう。

 

 

許可、要る?要らない?

 

要ると思うのなら

素直に、許可を求めている自分を大切にしてあげてください。

 

許可なんて要らないと思うなら

「いままでありがとう」と流してあげましょう。

 

 

持っている価値観に良いも悪いもない

 

 

持っている価値観を無理に手放そうとすることは、

過去の自分を否定していることと同じです。

 

必要だと感じたときがあったから

大切に持ち続けたものです。

 

その価値観を持っているからしんどいんだ、

その価値観を持っているから上手くいかないんだ、

と思って手放そうとするときは

自己否定をして、

自分ではない誰かになろうとしています。

 

 

 

無理に手放そうとせず、

今は、もう少し

その世界を味わっていたいとき。

 

 

持ち続けた価値観に飽きたら手放せます♡

 

 

まずは、自分の

そのままの気持ちを知ることが大切です。

 

 

小さな感情をひとつひとつ

大切にしてあげてください。

 

 

 

 全国で開催中です。

ryc-method.hatenadiary.jp

 

 

 

RYC®認定講師 かなやまなほこ

http://ameblo.jp/appreciate0728/

 

 

 

Copyright © 2017 RYCメソッド All rights reserved.