なんかよくあるこのパターン・・そう感じるときに効果的!!(無意識の自分がみえるシリーズ②)

Aさんが不愛想な顔で

Bさんにイライラしながら話をしていました。

 

私が話しかけたのですが

私に返事をするのではなく

AさんはBさんに文句を言っていた。

 

あれ?私が怒られてるのか?

と不安になった出来事がありました。

 

 

RYC®認定講師の

かなやまなほこ です。

 

たいしたことないような状況なのですが

小さくモヤモヤして

身体もキュッと固くなった感じがします。

 

 

自分にとって

よくあるパターンってありますね。

前にもこんな気持ちになったことあるなぁ・・・というようなもの。

 

 

いつものこと・・・と、見過ごしてしまいがちですが

そんなとき、

自分の中でなにが起きているのか?を

確認してみることが大切です。

 

 

よくあるパターンから自分の状態を知る

 

そんな時に使えるのが、この右手左手ワークなのです。

これはRYC®初級講座の中でお伝えするワークの一つです。

実際は手を動かしながら行うと良いワークです。

 

 

f:id:ryc-method:20170301212600p:plain

  

まず、

 

①どのようなことが起きたのか?

 現実

  

②実際に起きたあるがままの現象を

 事実

 

 

今回の場合は、

 

 

①現実=

私が話しかけたのですが

Aさんは無表情のまま

Bさんにイライラしながら文句を言っていた。

 

②事実=AさんがBさんに話していた。

 

 

ここで言う事実とは現象として起きたことなので、

シンプルに考えるとただ話している(という現象が起きているだけ)

です。

 

そして、

 

③起きた現象に私はどのような解釈をつけたのか?というのを

 解釈

 とします。

 

 

そして、このような関係性が成り立ちます。

事実+解釈=現実

 

 

さて、わたしの例でみてみましょう。

 

 

Aさんが話している(事実)

 +

 ???????(解釈)

 =

私が怒られた!!!(現実)

  

 

重要なのは、解釈はこの時点ではまだ分からなくていい、という点です。

  

 

この解釈は、潜在意識にある価値観や思い込み、

自分自身への前提によって生まれます。

 

 

無意識の解釈だし、 

潜在意識の領域のことなので

普通はすぐには分かりません。

 

(潜在しているからね。)

 

 

なので、この関係性をよくみながら、

自分はどのような解釈を無意識にしているのか?を

見つけていきます。

 

 

わたしの場合、このような解釈が出てきました。

 

 

Aさんが話している(事実)

 +

強い口調で話す人は相手を否定している!(解釈)

 ↓

私が叱られた!(現実)

 

  

強い口調で話されると

否定されたように感じるのであれば、

そりゃ、いろんな場面で

不安になるものですね。

声のでかい人はみんな、否定しているような

妄想を抱いてしまいます。笑

 

  

このワークは続きがあります。

  

 

無意識に持っている解釈からコアを見つける

 

 

解釈を知ったら、次にやることがあります。

この解釈を反転させる、というステップです。

 

  

なぜ反転させるのか?

どのように反転させるか?については

RYC®初級講座しっかりと解説しています。

  

 

ではわたしの解釈を反転させてみます。

 

 

強い口調は否定だ!(解釈)

 

↓ 反転

 

私はみんなを肯定したい!

 

 

ということがわかります。

 

 

反転した後に出て来る言葉は、

自分自身の良さがにじみ出ています。

 

 

優しい口調で

相手のことをそのまま肯定したい!

という想いが

私のコアにあります。

 

 

 

読んでいるだけだとわかりにくいかもしれませんが、

うまく反転までやることができると、

あっと驚くほどスッキリしますよ。

 

 

 

このワークは、

RYC®初級講座で体験、習得できます。

 

ご案内はこちらです。

ryc-method.hatenadiary.jp

 

その他のシリーズはこち

《無意識の自分が見えるシリーズ①》

ryc-method.hatenadiary.jp

 

RYC®認定講師 かなやまなほこ

http://ameblo.jp/appreciate0728/

 

 

 

Copyright © 2017 RYCメソッド All rights reserved.