相手にアドバイスしたくなるのは、無意識に安心したいから

相手をジャッジしているときって、とても気分が良いものです。

だから、つい

「あの人って○○よね~」と、分かった風になって語ります。

女子トークで盛り上がるアレです。 

私自身も、よくやっています。笑

無意識にやってしまうものですね。

誰かのつぶやきを読んでは、

「あれは違うよね~」とか「本当は、こいうことだよね~」と

意識を他者に向け続けてどこか安心しているのです。

 

 

  

他者にフォーカスしているときに安心する仕組み

  

どうして、他者のことをジャッジしているときって

言葉が流暢になって、気分よく話すのでしょうか?笑

 

そういうときって、無意識に「あの人は間違っている」と思っています。

自分では、相手のことを間違っていると批判しているつもりもないでしょう。

もしかしたら、良かれと思って言っている、という自覚の方が多いかもしれませんね。

  

しかし、自分に対して、トコトン素直になり、勇気をもって捉えてみると

これらは、

「自分は正しい」「自分は知っている」という無意識の現れであることが分かります。

  

つまり、

「私は正しくて、真実を知っている」と安心しているのですね。 

 

なので、他者に対してアドバイスしたり、意見を正すことはとても

気分の良いことと認識しやすいでしょう。

 

 

無意識の自分に繋がる恐れ

  

逆に、私たちは無意識の自分と繋がることを恐れます。 

頭では、潜在意識と繋がって本当の気持ちを知りたい!

と、思っているかもしれませんが、

意外とそうではないのです。  

 

他者に対して何か言いたくなったとします。

例えば、私が

やり方を間違っている相手に、頼まれてもいないのにアドバイスしたくなるとしますね。

 

私はその相手に「違うよ、正しい方法があるよ」

と言いたくなったとしたら 

 

「自分が間違っていること、自分が正しくないこと」を

否定していたり、そうなってはいけないと無理していたりする

ということです。

 

相手の表面的に見える性質に対して、何かしらネガティブな反応をするときは

そこに、自分自身が無意識に抑圧している性質が投影されています。 

つまり、無意識は

「間違っている私、正しくない私」に×を付けている状態です。

なので、 

間違わないように、正しい自分で居られるように、という

価値観が働き

自分もそうで在ろうと努力しているし、

他者がそうじゃないとジャッジしたくなる、ということです。

 

f:id:ryc-method:20190123151311j:plain

 

だから、間違っている人を見ると

間違ってちゃダメなのよー!

と、相手の姿に自分の無意識を映し出して

あわわわわ・・・と、慌てて反応するのです。

 

 

しかし、これらの現象が自分の無意識を映し出していると気付かないまま、

他人事としてジャッジしていれば

「私は間違っている人」ということに目を向けなくてすみます。

 

つまり、

私は大丈夫、正しい人、と、表面的に安心できるのですね。

 

「私は間違っている人」ということに気付かされると、

それにバツを付けているため、ザワザワした恐れの感覚が浮かび上がります。

 

やってはいけないことをやってしまっている、

そんな自分で居ては愛されない、などの

恐れを無意識に感じるために、

自分に繋がることに抵抗するのです。

その結果が、他者への意見になります。

 

他人に対して、いっぱい意見をすることは、

表面的にはとても心地良い気分になり

「あ~私、良いコトしたわ♪」と思うことでしょう。笑

 

私もつい、やりたくなるときがあります。

ジャンクフードが恋しくなるようなものですね。 

 

今、この瞬間だけは心地良い気分に浸れるような気がするから

食べちゃった♪くらいのものなのです。

 

 

好ましい性質だけをOKすることは、無意識に自分を否定することにもなる

 

「私は合っている」と、私たちは思いたいものです。 

 

「合っている」とは、

私は良い人である、かもしれないし

私は人を傷つけない、かもしれないし

私はそこまでひどくない、まだマシ、かもしれません。 

 

どんな「正しさ」を主張しようとしているのか?

それぞれ微妙に違うかもしれませんが

 

誰でも、やっぱり

心のどこかで、自分は良い人でありたいと思っているものですね。

 

人は本来、とても素晴らしい存在です。

なので、ある意味誰もが良い人なのですが

 

「良い人になろう」と努力することは

「悪い人である自分」嫌って、排除しようとしてしまいます。

 

前回でも、価値観の話をしましたが

 

「私は良い人」というコインの表側を得ようとする行為は、

「私は悪い人」というコインの裏側に無意識はフォーカスします。

 

その裏側が、

嫌っている自分の性質として、外側の世界に投影されて

私たちは強く反応するのですね。 

 

コインの裏側になっている「悪い人」は

自分が自分の性質の一部を、良くないものであると判断してしまっただけにすぎません。

  

とてもニュートラルな性質を、ある方向から判断することで

良い悪いが生まれるのです。

 

f:id:ryc-method:20190123151347j:plain

 

私たちは、自分のあるがままの性質を

過去の体験によって、良いとか悪いと解釈したのです。

 

しかし、コインの表側だけを欲しいと思っても

コイン自体は手に入りません。

 

つまり、あるがままの自分を判断したときに生まれた

良い面だけを受け入れたいと思って

悪い面を嫌って、治そうとしたり、消そうとすることは

 

あるがままの本質な(コアな)自分を受け入れていないということになります。

 

 

f:id:ryc-method:20190123151407j:plain

 

私そのものを否定しているのですね。 

自分のことを否定していれば、それは苦しみを感じます。

 

いつも、登場する意識の図がありますね。

 

f:id:ryc-method:20190123123339j:plain

一番下にある、無意識の状態が、

浮かび上がる思考や感情に影響を与えています。

 

無意識の状態に〇を付けていれば、自ずと、浮かび上がる思考や感情にも〇を付けられます。

つまり、気持ちの良い思考や感情になっています。

しかし、無意識の状態に×を付けていれば、浮かび上がる思考や感情にも×を付けるのです。

 

コインの表側だけをOKにして、裏側を他者に投影しているときには

自分そのものを否定しています。

 

無意識の状態である、「私は間違っている」に×を付けているのです。

 

「私は間違っている」という状態が良いとか悪いのではありません。

どんな自分にも〇を付けることが大切なんですね。

 

自分の性質の一部分に×を付けているんだよ♪と教えてくれているのが

気になる、反応してしまう現象です。

外側に見える現実に対して反応した自分に気付くことで

どんな自分だと勘違いしていて、

どんな自分を否定して排除しようとしているのかな?が観えてくるのです。

 

 

嫌っているコインの裏側、つまり

「悪い人」である私自身を観ることは、一見、嫌な気分になるでしょう。

 

嫌われないように、周りに怒られないように、頑張って

良い人になろうとしていたのに(無意識にです。)

 

実は、悪い人だった、なんて気付いたら

嫌われてしまう!

と、恐くなってしまいます。 

 

だから、気付いていない自分に触れたくないのですね。

 

結果的に、

他者に何か意見を言っているうちには、自分に気付かないようになっているので

表面的な安心を得ることができます。

 

 

見たくない自分に触れることで本当の安堵感が広がっていく

 

本当の安堵感が得られるのは、

自分が自分自身を受け入れることができたときです。

 

私たちは他者に愛されたい、理解されたい、認められたいと思い込んでいますが

実は、自分が自分を信じられないときに

他者にそれを求めています。

 

本当は、何よりも自分自身が深く理解してあげたいのですね。

 

f:id:ryc-method:20190123181754j:plain

 

「悪い人」だと思い込んでいた私は、

自分がそう思っているだけで、もしかしたら、周りは気にしていないかもしれません。

 

過去の体験によって、自分の性質の一部を良くないと判断したときがあり、

その解釈を持ち続けてきただけです。

 

 

「悪い人」である自分に〇を付けることができた瞬間、

自然と、無意識の状態がニュートラルになります。

 

結果的に、あるがままの自分を受け入れることができるのです。

 

 

無意識の解釈は、いつでも何度でも持ち変えることができます。

まるで、TPOに合わせた装いのように。

 

ニュートラルになった状態で、

今の自分にとって相応しい解釈を選んでも良いのですね。 

 

他者に強く反応したくなったときは、衣替えの時期と言えます。 

頑なに思い込んで手放せなかった古い解釈を、そろそろ着替えるとき。

ダメだと思って抑え込んでいた、自分の性質を丸ごと愛し認める時が来たのです。

 

あるがままの自分(コインそのもの)を受け入れることで

自由度が広がります。 

本来の、とてもパワフルな自分を取り戻すことができるのですね。 

 

その自分として、何をやりたいのか?どんなことを感じたいのか?が大切です。

 

 

他者の言動から感じた違和感を

他者へのジャッジから

自分のこと(気持ち、反応)にフォーカスを変えて

受け入れていなかった自分と出会うこと

 

このステップが自分との統合です。

 

いつしか、

相手に言いたかった言葉なんか忘れて、喜びの感覚に包まれていることでしょう。

もう、表面的な安心感はいらないのです。

 

 

 

  

講座、WSのお知らせ 

 

基本中の基本! 
たった1日で、潜在意識の基本的な知識を得ることができます。 
2月2日(名古屋:かなやま なほこ)
2月4日(金沢:川守 さくら)
2月5日(福岡:みねした 三保)
2月9日(東京:東山 知帆里)
2月10日(大阪:さはら ゆき)
3月2日(名古屋:かなやま なほこ)
3月2日(大阪:三輪 智美 ※定員4名)

潜在意識の講座 RYC®メソッド初級講座

f:id:ryc-method:20181015163443j:plain

 

 

コアとの繋がりを深め、じっくりと浸透させていきましょう。 
2月20日(福岡:みねした 三保)

 

 

あなたはどのような世界を潜在意識に創らせますか? 
2月2日(東京:東山 知帆里)
2月16日(福岡:みねした 三保)
2月17日(名古屋:かなやまなほこ)
3月2日(大阪:さはら ゆき)
3月17日(金沢:川守 さくら)

潜在意識デザイン講座

f:id:ryc-method:20181008143839j:plain
      

 

“なりたいわたしになる”
無意識の状態が自然と変化していきます。
2月3日(大阪:さはら ゆき)
2月4日(金沢:川守 さくら)
2月16日(名古屋:かなやま なほこ)
3月2日(大阪:三輪 智美 )

         

 

ご登録いただくと、レポートもプレゼント♪

  

 

RYC認定講師 かなやまなほこ

http://ameblo.jp/appreciate0728/

  

 

 

 

Copyright © 2017 RYCメソッド All rights reserved.